読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・Webサーバーの構築

前回、構築したサーバーの記事にリバースプロキシのことを書くのを忘れていたので追記します。

リバースプロキシを構築する

今回はIPアドレスが1本しかないので、WebアクセスをリバースプロキシをつかってドメインでローカルのVMへ振り分けることにしました。それには、nginxを使いました。

aptをつかって nginx を入れると、設定ファイルが /etc/nginx/sites-available/ に設置可能なので、ここに設定ファイルを作ります。今回は次のような設定にしました。

server {
    listen 80;
    server_name dev.nekomimi.sk;

    access_log  /var/log/dev.nekomimi.sk/logs/access.log;

    proxy_set_header  X-Real-IP       $remote_addr;
    proxy_set_header  X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header  Host            $http_host;
    proxy_redirect    off;
    proxy_max_temp_file_size          0;

    location / {
        proxy_pass http://dev;
        break;
    }
}

ドメインを判定して、そこへのアクセスログを適当なディレクトリに飛ばしています。

参考:Nginxでリバースプロキシ - taslamの日記
nginx の バーチャルホスト設定 - hogeskyの日記

やってみて

今回は、正直とにかく動かすためにあまり調べずにやりました。nginx はこれまでちゃんと使ったこともなく、どういったことが出来るのかよく分かっていないのでこれからいろいろ調べてちゃんとした設定書きたいです。
そういった感じなので、この記事の内容はそのまま使うことはお勧めしません。こういうことも可能、ということで具体的な方法はよく調べてからお願いします。